病院のED治療の成功率について

スマホを見て、心配している男性

EDと一言にいっても、実は原因には様々なものがあります。
その原因によって、病院のED治療の成功率については変わってくるのです。
まず一番一般的なのが加齢によるEDです。
原因が加齢の場合、病院での治療というのはあまり必要となりません。というのも、年齢と共に勃起し難くなるというのは自然なことだからなのです。
次にストレスなどの、心因的なEDがあります。
この場合、病院で適切な治療を受ければ、約7割がEDを克服出来ると言われています。というのも身体の機能には、実際には何の問題もないからなのです。
昔から「気の持ちよう」とはよく言ったもので、気持ち1つで完治も可能なEDというわけです。
つまり「病院で治療をしている」という事が安心感に繋がり、EDが治ることも少なくないのです。
身体の機能に問題がある、例えば糖尿病や高血圧などといった他の病気が原因でのEDの場合、治療の成功率はもう少しあがり8割程度と言われています。
これは原因がはっきりとしているからこその数字です。
EDの根本的な原因を取り除いてやる事によって、EDも完治に向かうわけです。
この場合はEDの治療というよりも、原因となっている他の病気の治療が大切となってきます。